IMG_8493.JPG

Information

2022年9月20日

飲み頃ワイン

ボルドー飲み頃ヴィンテージ2012年

2012シャトー・モンテイユ・ダルザック

シャルトロン・ラグランジュ.jpg

シャトー・ダルザックがオー・メドックで造るワイン。モンテイユの丘の中腹に植えられた葡萄の木から造られました。シャトー ダルサックの歴史は古く900年以上の歴史を持ち、メドックの中でも最も古いシャトーのひとつです。12世紀、当時のアルサック卿の所有となり、その後、16世紀には有名な哲学者ミシェル・ド・モンテーニュの兄弟の手に渡りますが、葡萄栽培が行われたのは18世紀になってからです。19世紀末にはメドックで最も広い畑を持つまでになりました。しかし、20世紀初頭にフィロキセラの被害を受け、全ての葡萄を根絶せざるを得ませんでした。1930年代の半ばには完全に衰退し、1954年のマルゴーのAOCが認定された際にも外れてしまいました。
時が過ぎ、1986年に4世代にわたるワイン生産者の子孫であるフィリップ・ラウーがシャトーを購入しました。彼は、10年をかけてシャトーを再興します。新たに葡萄を植え、セラーを改築し、設備の近代化を図りました。その後の努力により、AOCマルゴーとAOCオー・メドックとしてワインを造ることが可能になりました。

アペラシオン:オー・メドック クリュ・ブルジョワ
土壌:砂・砂利質 面積:58ha
セパージュ:カベルネ・ソーヴィニヨン49%、メルロ51% 平均樹齢:20年 
発酵:ルモンタージュを伴うステンレスタンクでの伝統的な醸造法。3週間から4週間。
熟成:オーク樽30%、温度調整されたステンレスタンクにて70%
ティスティング:輝きのあるルビーレッド。まず、フレッシュで心地よい香りがあがります。スワリングするとブラック・カラントやストロベリーのアロマが、次いで、オーク樽由来のトースト香やバニラ香も感じられます。口に含むと肉厚で丸みがあり、タンニンはとてもしなやかです。赤い果実と香ばしい風味が調和し長い余韻が続きます。
AWARDS:Commended IWSC 2020、BronzeMedal Lyon 2016


参考小売価格2,750円(税込)